menu
MENU

縁起がいいお賽銭と縁起がよくないお賽銭についてご紹介します!

神社 お賽銭
TOP
お賽銭はなぜ5円玉が多いの?
穴あき銭がいい理由
お賽銭に10円玉は縁起が悪い?
語呂合わせで決まるお賽銭
copy right
© 2015 縁起がいいお賽銭と縁起がよくないお賽銭についてご紹介します!

お賽銭に10円玉は縁起が悪い?

初詣で神社にお参りをする際に欠かせないのが賽銭箱に投げ入れる小銭であり、
このときによく利用されているのが5円玉です。

5円玉には「ご縁」があるという語呂合わせの意味があり、
そのことから縁起がよいものとして
ほとんどの神社の賽銭箱に投げ入れられている硬貨となっています。

ですが、このように縁起がいい硬貨もあれば
逆に縁起が悪いといわれている硬貨も存在しています。

それが10円玉であり、現代ではあまり気にせず
投げ入れられていることも少なくないのですが
昔から縁起が悪いものとして、
賽銭箱に投げ入れるには
あまり好まれていない傾向があります。

ではなぜ10円玉は縁起が悪いのかというと、
これもまた語呂あわせなのですが「とおえん」と読むことができ、
「遠縁」の意味をもっているからだとされています。

つまり投げ入れることによって願い事と遠縁になってしまうから叶わなくなる、
という意味であまりオススメされない硬貨だといわれています。

ですのでもし投資事をする場合は10円玉はやめたほうがいいでしょう。
ちなみにFXなら100から投資出来るそうです。
詳細は主婦に朗報!少額からはじめるFXサイトを見て下さい。

では10円を投げ入れるのはよくないのかというとそうではなく、
あくまで縁起が悪いのは10円玉硬貨であり、
5円玉を2枚重ねて10円として投げ入れることには
「重ね重ねご縁がありますように」という意味があるため、
こちらは縁起がよいものとして認識されています。