menu
MENU

縁起がいいお賽銭と縁起がよくないお賽銭についてご紹介します!

神社 お賽銭
TOP
お賽銭はなぜ5円玉が多いの?
穴あき銭がいい理由
お賽銭に10円玉は縁起が悪い?
語呂合わせで決まるお賽銭
copy right
© 2015 縁起がいいお賽銭と縁起がよくないお賽銭についてご紹介します!

穴あき銭がいい理由

初詣や観光で立ち寄った神社仏閣などで
お賽銭をするときに必要となるのが小銭です。

お賽銭は料金表があるわけではありませんから、
お参りする人の気持ちでいくら入れるか決めるものです。

ですので投資している人などはうまくいきますようにと願ったり。
するとFXをはじめたいならこのサイトで紹介されている業者に口座開設したらいい!と
誰か(神様かも)に教えていただけるかもしれません。

しかし、お参りをするときには、ご利益というものを期待しますから、
なるべく縁起がいいようにしたいのが人の気持ちです。

だから5円玉や50円玉などの穴あき銭がよく使われます。

「ご縁(5円)があるように」、
「五十に縁があるように(五十円)」という一種の語呂合わせもありますが、
もうひとつ穴が開いていると見通しが良い、ということもあります。

また、現代の硬貨にかぎらず、古来から穴あき銭は、
鳥の目のような形から「鳥目」と呼ばれ、
「鵜の目鷹の目」のことわざから、お賽銭によく使われてきました。

将来いいことがありますようにと願うのであれば、
確かに5円玉、50円玉は最適な硬貨です。

一方で、それとは真逆に穴あき銭では縁起が悪いという意見もあります。

どういうことかというと、穴が空いていれば、
そこから縁がこぼれ落ちてしまうというのです。

しかし、実際にお賽銭をする人の多くは、
そのネガティブな意見の方を採用せず、
5円玉、50円玉を賽銭箱に投げ入れているのですから、
あまりに気にしないで問題はありません。