menu
MENU

縁起がいいお賽銭と縁起がよくないお賽銭についてご紹介します!

神社 お賽銭
TOP
お賽銭はなぜ5円玉が多いの?
穴あき銭がいい理由
お賽銭に10円玉は縁起が悪い?
語呂合わせで決まるお賽銭
copy right
© 2015 縁起がいいお賽銭と縁起がよくないお賽銭についてご紹介します!

語呂合わせで決まるお賽銭

お賽銭とは、お賽銭を入れて「○○できますように」と
お祈りする事あると思いますが、
例えばFX会社のキャンペーン比較のサイトを見て
「FXに成功しますように」とお祈りしてそれを聞き入れてもらったら、
次回時にお礼としてお賽銭を入れるという事です。

お賽銭は初もうでなどの際に賽銭箱に投じるお金として
多くの人になじみ深いものですが、実はこの額は
いくらでも良いというわけではないのです。

もちろん寺社からすれば多い方が嬉しいでしょうが、
お賽銭には古くから語呂合わせで決まる金額があります。

よくお賽銭として使われる5円という金額も
御縁という語呂合わせが関係しており、
これをお賽銭とすることで「良き御縁に恵まれますように」という
験担ぎの意味が含まれているのです。

このほかには5円玉二枚で「御縁が重なってより良い縁に恵まれますように」、
5円玉八枚で末広がりの八を意味して
「末広がりに御縁がありますように」と言ったようなものもあります。

その他5円玉に限らずカップルなどで21円を投じれば
割り切れない数字であるため二人が離れない、
1万円であれば万と円をひっくり返して円満となり、
円満な仲が続くなどになります。

ただこれらと同時に避けなくてはならないものあり、
例えば10円玉一枚ですと遠縁、つまり「良い縁が遠くなる」、
500円玉一枚ですとこれ以上高額な硬貨が無いわけですから
「効果がない」ということになってしまうのです。

もちろんこれらのことは験担ぎに過ぎませんから
こうしなくてはならないというルールであるというわけではないのですが、
お賽銭を投じる際にはこうした知識があるとより初もうでなどが楽しめる、
満足できるものとなるでしょう。